重荷重用のジャッキ車輪はありますか?

 

グリフォン(径200)がございます。
許容荷重は500kgfです。

参考になった

このQ&Aに関連する商品

このカテゴリのQ&A

Q. a0099 枠用のセーフティタワー(ローリングタワー)に使う1524mm幅の建枠に500mm幅の鋼製踏板を3枚取り付けることはでできますか?
A.

取り付けできません。

建枠は脚柱の芯間距離でサイズを表示していますので、1524mm幅の枠の内側は1481.3mmになります。
そのため、500幅の鋼製踏板3枚を取り付けることができません。

セーフティタワー(ローリングタワー)用の最上段(作業床部分)には、タワー用アルミ回転踏板と鋼製踏板N-6(500幅)、N-624(240幅)を使用してください。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0101 多目的台車の許容荷重を教えてください。
A.

鋼製踏板などを使わずに、長手方向に荷重をかけた場合本体の許容荷重は800kgfです。
※伸縮フレーム部には物を載せないでください。

鋼製踏板を使ってその上に物を載せる場合は鋼製踏板の許容荷重を守ってください。
(例:500幅の場合→250kgf 240幅→120kgf)

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0104 セーフティタワー(ローリングタワー)を組む際、有資格者がいないと組めないですか?資格が必要な場合はどのような資格が必要か教えてください。
A.

高さが5mを超えるセーフティータワー(ローリングタワー)を組む場合には「足場の組立てなど作業主任者技能講習」の講習を受けた有資格者が必要です。
作業主任者資格を有する方以外で、実際にローリングタワーを組み立てる作業者がいる場合には、高さかかわらず「足場の組立て等の業務に係る特別教育」を受講する必要があります。

枠もアルバトロスも、セーフティータワー(ローリングタワー)3段以上の組み立ての場合には作業主任者を選任してください。

特別教育を必要とする業務については、労働安全衛生規則第36条に「39 足場の組立て、解体又は変更の作業に係る業務(地上又は堅固な床上における補助作業の業務を除く。)」と定められています。
また、作業主任者の選定については、労働安全衛生法施行令第6条第15号に「つり足場(ゴンドラのつり足場を除く。以下同じ。)、張出し足場又は高さが五メートル以上の構造の足場の組立て、解体又は変更の作業」を行う場合には作業主任者を選任する必要があると定められています。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0133 セーフティタワー(ローリングタワー)の最上段は手摺なしで使用できますか?
A.

使用できません。手摺は必ずつける必要があります。
・タワー用手摺枠
・タワー用折り畳み手摺枠
どちらかを設置することをお勧めいたします。

関連法令:
労働安全衛生規則第563条 3項
墜落により労働者に危険を及ぼす恐れのある箇所には、(中略)それぞれ次に掲げる設備(丈夫な構造であって、わたみが生ずるおそれがなく、かつ、著しい損傷、変形又は腐食がないものに限る。以下「足場用墜落防止設備」という。)を設けること。

イ わく組足場(妻面に係る部分を除く。ロにおいて同じ。)次のいずれかの設備
 (1)交さ筋かい及び高さ15センチメートル以上40センチメートル以下の桟若しくは高さ15センチメートル以上の幅木又はこれらと同等以上の機能を有する設備
 (2)手すりわく

ロ わく組足場以外の足場 手すり等及び中桟等

技術上の指針公示 移動式足場の安全基準に関する技術上の指針
 技術上の指針公示第6号に、
 「3-6 防護設備 作業床の周囲には高さ90cm以上で中さん付きの丈夫な手すり及び高さ10cm以上の幅木を設けること」と記載されています。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0143 可搬式作業台(マイティープラス、SGペガ等)は、斜面でも使用できますか?
A.

使用できません。
仮設工業会の定める「アルミニウム合金製可搬式作業台」の使用基準に、「使用する場所の床面などの傾斜や凹凸等による転倒及び不意の移動等の危険がないことを確認してから設置すること」と定められているため、傾斜している地面や床には設置しないでください。

出典:一般社団法人仮設工業会『仮設機材認定基準とその解説』150頁(一般社団法人仮設工業会,第10版,2023)

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0156 セーフティータワー(ローリングタワー)のタワー用開口枠(最下段用)の下に、調節枠A-4やA-5を使用できますか?
A.

使用できません。
タワー用開口枠(最下段用)は、最下段に使用するものですので、調節枠がある場合は使用できません。
連結するための大和式連結ピンの穴も空いていません。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0168 システム台車の最大積載荷重が1フレーム500kgfとありますが、2フレーム、3フレームの場合はどうなりますか?
A.

最大積載荷重は、2フレーム連結使用で1tf、3フレーム連結使用で1.5tfになります。
ただし、フレーム毎に荷重を分散するようにしてください。
※使用方法についてはペラカタログをご参照ください。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0220 アルミ脚立の許容荷重を教えてください。
A.

許容荷重は160kgです。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0225 平床台車の手摺として挿すパイプは、通常の単管パイプですか?
A.

通常の単管パイプです。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0238 アップスターを傾斜している地面に使用しても良いですか?ジャッキで調節できますか?
A.

アップスターの傾斜地での使用は禁止されています。

取扱説明書に「平坦かつ水平な場所で使用すること」とありますので、こちらを順守してください。

 

参考資料1

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0392 アンドロメダ500の手摺は墜落制止用器具(安全帯)の取元にできますか?
A.

手摺の墜落試験を行っていないので、墜落制止用器具(安全帯)の取元にはできません。
仮に墜落制止用器具(安全帯)をかけて落下したときに、アンドロメダ自体が一緒に転倒したり、墜落制止用器具(安全帯)がきく前に人の体が地面に当たってしまう可能性があります。 

※仮設工業会が発行している『墜落防止設備等に関する技術基準』内の「手摺付作業台」の使用基準内に禁止項目として、以下を定められています。
「手すりから身を乗り出す」
「手すりに体を預ける」
「手すりに乗る・腰掛ける」
「片足立ちや爪先立ちをする」

出典:一般社団法人仮設工業会『墜落防止設備などに関する技術基準』98頁(一般社団法人仮設工業会,第1版,2003)

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0395 タワー用折畳手摺枠を畳む時、桁行の手摺桟は取り外すのですか?
A.

上段の手摺桟は取り外してください。
取り外さないと折り畳めません。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0458 平床台車の車輪の径を教えてください。
A.
Q. a0504 セーフティタワー(ローリングタワー)の最下段の鋼製踏板を抜いてもいいですか?
A.

鋼製踏板は抜かないでください。

昭50.10.18公示の「移動式足場の安全基準に関する技術上の指針」に、
3-3-1 わく組構造部は、次の(1)から(5)までの構成要素により構成すること。 
中略(4)水平交さ筋かい又はこれに代わる連けい材 
と定められており、この連けい材の役割を果たすものが鋼製踏板となるため、設置が必要です。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0549 平床台車・システム台車・台車(キャスター150ミリ)の車輪にはそれぞれブレーキが付いていますか?
A.

各台車の車輪1つずつにブレーキが付いています。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0551 セーフティタワー(ローリングタワー)に鋼製踏板を敷き並べた中間層に巾木A、巾木Bを取り付けることはできますか?
A.

中間層でも巾木A、Bともに設置することができます。
中間層に鋼製踏板を敷き並べる場合は500幅×2枚+400幅としてください。
アルミ回転踏板・アルミハッチ式踏板は使用できません。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0598 ジャッキ付車輪A728(径200)の許容荷重を教えてください。
A.
Q. a0712 SGペガに手掛り棒はついてますか?
A.

SGペガは全タイプ手掛かり棒が標準装備です。
MS、NL、L、LL、SLLは感知バーも標準仕様となっています。

 

※MSは手掛かり棒タイプ・感知バー付きタイプの2種類があります。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0786 ライトベースの手掛かり枠はM・L・Hで共通ですか?
A.
Q. a0830 現場で梯子を番線で固定して継ぎ足して設置されている。重ね合わせて継ぎ足す場合に決まりなどがありますか?
A.

梯子は原則つなぐのは禁止になりますが、やむを得ない場合については、重ね合わせ接手は
・接続部1.5m以上を重ね合わせ
・2箇所以上で堅固に固定
を守ってください。
また、全体の長さは9m以下になるようにしてください。

安全衛生規則第527条 解釈例規
移動はしごは、原則として継いで用いることを禁止し、やむを得ず継いで用いる場合には、次によるよう指導すること。
イ 全体の長さは9メートル以下とすること。
ロ 継手が重合せ継手のときは、接続部において1.5メートル以上を重ね合わせ2箇所以上で堅固に固定すること。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0936 アルミ2連梯子は、梯子固定治具で固定できますか?
A.

固定できません。上側の梯子の踏み桟の幅が332mmですので、梯子固定治具では長すぎて固定しきれず、ガタつきが出てしまいます。

スマートロックを使用してください。

 

※2連梯子には下部には引き上げロープと金具があるので、干渉しないようにパイプとスマートロックを取り付けてください。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0938 可搬式作業台(マイティープラス、SGペガ等)について、単独で使用する場合には特別教育の対象となりますか?
A.

建設業労働災害防止協会の「足場の組立て等作業従事者必携特別教育テキスト」によれば、「可搬式作業台の単独使用は、脚立と同様に、足場の組立て等の作業に該当しないため、特別教育の対象外」であるとされております。 
しかし、「可搬式作業台を2台以上組立てて作業床を設けるもの」については、「足場の組立て等の作業に係る業務に就く作業員は特別の教育の受講が必要」となります。

出典:建設業労働災害防止協会「足場の組立て等作業従事者必携特別教育テキスト」74頁(建設業労働災害防止協会,新版,2019)

参考になった

関連情報はこちら

Q. a0979 マイティープラスの感知板は標準仕様ですか?
A.

妻・桁側ともに標準仕様です。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a1137 ライトベースの延長天板はどの規格に使えますか?
A.

H・L・M全ての規格で使用できます。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a1153 立ち馬(マイティープラス・SGペガ等)の踏み桟部分に足場板を渡して脚立足場のように使用できますか?
A.

使用できません。
仮設工業会の定める「アルミニウム合金製可搬式作業台」の使用基準に「可搬式作業台は単独での使用を原則とすること」と定められておりますので原則足場板等でつなぐことはできません。 
もし天板を延長したい場合には専用の機材を使用してください。

一般社団法人仮設工業会『仮設機材認定基準とその解説』150頁(一般社団法人仮設工業会,第10版,2023)

参考になった

関連情報はこちら

Q. a1338 ライトベース用ステップを桁側に取り付ける場合、ライトベース手掛り枠桁面用(固定、開閉)は必要ですか?
A.

必要です。
桁面用の手摺り枠下部の横桟にステップを取り付けるためです。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a1611 ジャッキ車輪A-726、ウレタンジャッキ付車輪、グリフォン(径200)の車輪の向きは、360度回転しますか?
A.

はい。回転します。

参考になった

関連情報はこちら

Q. a1552 SGペガの感知バー付きはすべて同様の組立方法ですか?
A.

NL、L、LL、SLLは同様の仕様となっておりますが、MSのみ仕様が異なっております。

詳細は、「SGペガ500 MS感知バー付き」のペラカタログを参照ください。

参考になった

関連情報はこちら