横浜マリンタワー改修工事

横浜のシンボルタワーの改修工事に杉孝の足場が採用されました。

神奈川県横浜市
横浜マリンタワー改修工事
2019年4月 ~ 2022年春ごろまで
手すり先行型クサビ緊結式足場 「アルバトロス」
単管足場 枠組足場 /ラクラクタラップ
内部[アルバトロス/ 単管足場 ラクラクタラップ]
・内部構造が複雑に入り組んだ躯体に対して、細工しやすい単管足場を採用
・階段部分は、アルバトロスとステップ部分の角度が調整 できるラクラクタラップを組み合わせた

外部[枠組足場]
・外部足場には風に強く安定した枠組足場を採用

株式会社 渡辺組
工事部 工事長 : 篠田 隆信様

各種足場を使用されていますが、どのように使い分けていますか

外部足場に枠組足場、タワーの吹き抜け部分には細工が施しやすい単管足場で棚足場を施工し、階段部分は勾配に即した形状に合わせられる足場ということで、アルバトロスとラクラクタラップの組み合わせにしました。
※ラクラクタラップとは、ステップ部分の角度が調整できる階段のことです。
機材詳細 SUGIKOカタログはこちら

前回の改修工事にも渡辺組様が携わっていたと聞きましたが。その時の足場を参考にされたのでしょうか

実は前回の改修工事も私が担当していました。ただ、当時は高層部と低層部で工区が分かれており、私共は低層部の増築工事を担当していたので、今回、タワー全てを担当するのは初めてのことで、足場を含め全てが未経験の世界でした。

工事を通して苦労したことはありますか

工事開始前までは私一人で構造計算や図面のチェックを行っていましたので、この準備段階が一番大変でした。塔状構造物の経験がなかったため、図面通り足場が円形状に収まるのかドキドキしましたが、足場がきちんと組まれた時は安心しました。

現場に対する思いを教えてください

周辺にはホテルやビルがあり人通りも多いエリアのため、周囲の方たちに怪我をさせないよう気を配っています。これだけ高い建物かつ風速も強いですから、どんな小さなものでも落下したり飛んでしまったりすると事故に繋がりかねません。安全面について一番気を付けて工事をしています。

  • お問合せ
    株式会社 杉孝
  •  
    050-3539-4071
    (営業本部直通)
  •  
    webmaster@sugiko.co.jp