SUGIKO CATALOG vol.2
153/328

152アルミ曲線親綱支柱 認定品 PAT 新基準100kg対応親綱支柱(フック付) 認定品17580100締め付け厚さ0~80mm9864308565060親綱支柱商品コード対応フランジ厚(mm)質量(kg)842800~505.4商品コード質量(kg)842908.8215133(132)501426512867144917.51381055.5●特徴【軽い】アルミ化で5.4kgの軽さを実現。【兼用型】直交・平行で使える兼用型5kg台はSUGIKOだけ。※単管パイプ2.0mが5.46kg【まっすぐ歩ける】支柱の中部からフック部までは、ほぼ垂直になっているため、作業者が錯覚をおこす危険性がありません。工具袋が当たりにくい。足元にフックが引っかかりにくい。当たる!!歩きにくい!!【従来の垂直型】使用上の注意○支柱の取り付けは、鉄骨梁、H形鋼のフランジなどの支持物に確実に取り付けてください。○取り付け金具を奥までしっかり押し込み、ボルトで固定してください。締め付けトルクは6.00kN・cm○支柱のスパンなどは、以下の通りに設定してください。(1)支柱のスパンは、10m以下とすること。社)仮設工業会「親綱支柱・支柱用親綱緊張器等の使用基準」より※ 親綱は、緊張器などを用い支柱の所定の位置にたるまない程度に張ってください。※ 支柱システムは、1スパン1人で使用してください。※ コーナーに使用する支柱には平行方向と直交方向の2本の支柱用親綱を同時に取り付けないでください。(2) 支柱を設置した作業床と、衝突のおそれのある床面または機械設備などとの垂直距離は、親綱のたわみ量などを考慮し、6.75m以上とする。※ 6.75mを満足できない場合は、短いランヤードまたはロック機能付き巻取り式ランヤードを用いるなど、落下距離を小さくする措置を講じる。10m以下支柱のスパン曲線デザインが生み出した最大の特長支柱やフックが邪魔にならないゆったり歩行01アルバトロス02枠組足場03移動/内装足場04共通部材05単管足場06絶縁足場07鉄骨足場08地足場09支保工・ ビーム10吊り/橋梁足場11仮囲い12その他の機材13ネット・シート・親鋼14仮設機材の 規定について15ご利用にあたって16杉孝からのご案内17索引

元のページ  ../index.html#153

このブックを見る